このページの写真はフリー壁紙ではありません。山陰の父web写真展の作品集なのでコピーは禁止しております。
主な作品共通データー:90%以上三脚使用・90%以上トリミングなし・100%合成写真なし・100%デジタル一眼レフカメラ使用・

山陰の父web写真展/八重滝&龍頭が滝(日本の滝百選)の秋


山陰の父コメント

山陰の父、関連サイ 水木しげるロード ・山陰の父公式占い ・山陰観光net

ウエブ写真展(web.photo) 123456・7・891011
八重滝は日本の滝百選に登録された滝 下流から上流までの間に8つの滝 流れ出た丸石の跡に秋の枯葉が ゆるやかに蛇行する八重滝
蛇行する八重滝 スローシャッター スローシャッター3秒で表現します。 スローシャッター3秒で表現します。
縦位置構図で余分なものを排除 縦位置構図で余分なものを排除 縦位置構図で樹木の割れ目を狙う。 渦巻きをスローシャッター3秒で表現
龍頭が滝下流の落葉、 龍頭が滝下流の落葉、 龍頭が滝の落葉、 龍頭が滝の渦巻く落葉、
龍頭が滝下流の落葉、 龍頭が滝下流の落葉、 龍頭が滝下流の落葉、 龍頭が滝下流の落葉、
蛇行する八重滝 八重滝の上流に陽がさす。 渦巻きをスローシャッター3秒で表現。 龍頭が滝の飛沫
*
*
*
八重滝(日本の滝百選)の秋、紅葉web写真展




島根県雲南市(旧飯石郡)掛合町にある落差40〜50mとも言われる滝で、民谷川から三刀屋川に注ぐ。1990年には「日本の滝100選」に、龍頭が滝と共に選ばれた。八重滝は八つの滝の総称なので、(猿飛滝,滝尻滝,紅葉滝,河鹿滝,姥滝,姫滝,八汐滝,八塩滝)民谷川を遡ると様々な個性をもった滝が楽しめる。交通=JR松江駅から車70分出雲空港から車40分国道54号線沿いに案内板が表示されている。

龍頭が滝=島根県雲南市(旧飯石郡)掛合町にある落差40mの滝で三刀屋川に注ぐ。1990年には「日本の滝100選」に、近くにある八重滝と共に選ばれました。水量、高さともに申し分なく別名「裏見の滝」とも呼ばれ、滝の裏側から見ることもできる。国道54号線に案内板あり。滝の裏側には、滝観音が祀られている見事な岩窟があり、「裏見の滝」を眺めることもできます。
8月15日には「龍頭が滝祭り」が開催され、花笠に浴衣姿の若者らによる滝踊りが披露され、たくさんの人出で賑わいます。

おもに山陰地方の風景写真を中心に撮影していますが特に撮影地のこだわりはありません。以前は銀塩カメラ(フィルムカメラ)で撮影して暗室に閉じこもるパターンだったのですが、デジタルカメラが出現してからは現像の短縮化や現像液の廃棄問題、環境問題までがクリアになって本当に助かっています。技術者の努力ゆえに高性能のカメラや関連機材もたくさん開発されて今日に至っていますので感謝ですね、彼らが存在しなかったら写真を撮影することも鑑賞する事も出来なかった訳ですから・・TOPページの写真壁紙は個人で楽しむ限り、どなたでも自由に利用する事ができます。許可→ホームページの壁紙やデスクトップの背景に使う、写真素材としてカットや加工をする、禁止→第三者に写真を提供する。当サイトの写真を集めた類似ページを作成してサイトにアップロードする。観光地のPRに使う。著作権は放棄していませんので営利が発生する商用サイトや、その目的のために利用する場合には管理者の許諾が必要になります。ご質問があればメールで コピーする場合には本人が直接当サイトから行ってください。